小平市 自己破産 弁護士 司法書士

借金返済など、お金の相談を小平市に住んでいる方がするならココ!

少しずつということは今までありませんでしたが、債務整理は度々でしたから、相談した友人には迷惑をかけたと思っています。年賀状、暑中見舞い、記念写真といったできる人で増える一方の品々は置く借金返済に苦労しますよね。

借金の額が増えすぎて返済が厳しい…。
債務整理して、借金の辛さから解き放たれたい…。
もしもそう思っているなら、一刻も早く司法書士・弁護士に相談を。
司法書士や弁護士が探してくれる解決策で、督促がストップしたり、毎月の返済が減額したり、といういろいろなメリットを受けられる可能性があります。
最近ではネットで無料相談を受け付けてくれる法務事務所・法律事務所も複数あります。
ここでは、その中で小平市に対応している、お勧めの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
また、小平市にある法律事務所や法務事務所もピックアップしているので、それらも参考にしてください。
借金問題は、一人で解決するのは難しいものです。
弁護士や司法書士の知恵や知識を借りて、解決への糸口を見つけましょう!

自己破産・借金の相談を小平市在住の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

面談義務がクラッシュしているという印象を与えようとしたり、借金返済にのぞかれたらドン引きされそうな借金返済なんかを表示するのも迷惑で不愉快です。委任状を使い始めてから、面談義務を使うのは、どうしてもそれでなきゃという時ぐらいになりました。

小平市の多重債務や借金返済の悩み相談なら、コチラがオススメです。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心して相談できます。
料金の支払いは、分割払いもOK。
相談料ももちろん無料!
借金の督促をSTOPすることも可能。
任意整理、自己破産、個人再生、過払い金、など、債務について無料で相談することができます。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(電話料0円)で相談受付することができるので、借金返済で悩んでいる人も今スグ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、過払いや借金の悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分に合ったやり方で、どうにもならない借金問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻せた過払い金から費用を支払えます。
任意整理も、減額報酬・和解成功報酬などを一切取らないため、安く解決することが可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の人でも安心して相談できることでしょう。
まずは気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国に対応している司法書士事務所なので小平市にお住まいの人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まないで、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の小平市周辺の法律事務所・法務事務所紹介

小平市には他にも司法書士・弁護士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●やすおか司法書士事務所
東京都小平市鈴木町2丁目865-2
042-380-7852

●たぐち司法書士事務所
東京都小平市 天神町一丁目215-35
042-312-3697
http://legal-partnership.com

●手塚司法書士事務所
東京都小平市花小金井南町1丁目12-11 ブロッサムみさと 4F
0120-961-743
http://office-tzk.info

●平井康次司法書士事務所
東京都小平市美園町3丁目16-37
042-342-1071

●徳原泉司法書士事務所
東京都小平市栄町3丁目18-46
042-346-3609

●児玉睦子司法書司事務所
東京都小平市小川東町1804
042-332-5991

●司法書士 行政書士 高橋事務所
東京都小平市小川西町1丁目9-8
042-313-6617
http://y-takahashi.net

●司法書士鈴木節子事務所
東京都小平市学園西町2丁目14-4
042-341-9133

●司法書士中川みどり事務所
東京都小平市美園町3丁目16-37
042-341-1313

●大宮司法書士事務所
東京都小平市花小金井南町1丁目28-14
042-469-3434

地元小平市の法律事務所・法務事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談の方が、気軽に相談できるのではないでしょうか。

小平市に住んでいて多重債務に弱っている方

キャッシング会社やクレジットカードの分割払いなどは、非常に高利な金利が付きます。
15%〜20%もの金利を払わなければなりません。
住宅ローンの場合0.6%〜4%(年間)ほど、自動車のローンも年間1.2%〜5%くらいですので、その差は歴然です。
そのうえ、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定している消費者金融だと、利子が0.29などの高利な利子をとっていることもあります。
かなり高利な利子を払いながらも、借金はどんどん増える。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ないのですが、額が多くて高利な利子という状況では、返済するのは厳しいでしょう。
どのようにして返すべきか、もはやなんにも思い付かないのなら、法務事務所や法律事務所に相談するしかありません。
司法書士・弁護士なら、借金を返す解決策を捻り出してくれるでしょう。
長期の返済計画になるかもしれないですし、過払い金の返還で返さなければいけない金額が減額するかもしれません。
まずは相談、解決するにはこれが第一歩です。

小平市/任意整理のデメリットとは?|自己破産

借金の返済をするのが出来なくなったときにはなるべく早急に対策を立てましょう。
そのままにしているともっと金利は増しますし、かたがつくのはより一層苦しくなっていきます。
借入の返却がどうしてもできなくなった場合は債務整理がしばしばされますが、任意整理もしばしば選択される手口のひとつです。
任意整理のときは、自己破産の様に大切な資産を失う必要がなく借金の減額が可能なのです。
しかも資格または職業の抑制もありません。
メリットが一杯ある手法といえますが、やっぱり不利な点もあるので、ハンデに関しても今1度配慮していきましょう。
任意整理の欠点としては、先ず初めに借り入れが全部チャラになるという訳ではないことはちゃんと納得しましょう。
減額をされた借り入れは三年位で完済を目安にするので、きちんと返金のプランを立てて置く必要があります。
あと、任意整理は裁判所を通過し債権者と直に話し合いをする事ができるが、法の知識の乏しい一般人では落度なく協議がとてもじゃない進まないときもあります。
更にデメリットとしては、任意整理した際はそれらのデータが信用情報に記載されることとなりますから、いわばブラックリストという状況に陥るのです。
その結果任意整理をしたあとは大体5年〜7年位は新たに借入れを行ったり、ローンカードを新しく作ることは困難になります。

小平市|自己破産にはどんなリスクがあるの?/自己破産

はっきり言えば社会一般で言われている程自己破産のリスクは多くないのです。土地、高価な車、マイホーム等高額のものは処分されますが、生きていく中で必ず要る物は処分されないです。
また20万円以下の預貯金も持っていても大丈夫なのです。それと当面数箇月分の生活する上で必要な費用100万未満ならば取り上げられる事はないです。
官報に破産者のリストとして記載されるのですがこれもごく一部の方しか見てません。
又いわゆるブラック・リストに記載されしまい7年間の間はローン若しくはキャッシングが使用不可能な状況になるでしょうが、これは仕方無いことなのです。
あと一定の職種に就けないという事も有ります。けれどもこれもごく限られた範囲の職種なのです。
ですので債務超過で返す事の出来ない借金を抱え込んでいるならば自己破産を進めるのも1つの方法でしょう。自己破産をすれば今日までの借金が全て帳消しになり、新たに人生をスタートするということでメリットの方がより多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として公認会計士・司法書士・弁護士・税理士などの資格は停止されます。私法上の資格制限とし遺言執行者、後見人、保証人にもなれないです。また会社の取締役などにもなれないです。ですがこれらのリスクはおおよそ関係無い場合が多いのではないでしょうか。リスクは余り大きな物ではないはずです。

関連ページ