大田区 債務整理 法律事務所

大田区に住んでいる方が債務整理・借金の相談するならどこがいいの?

かつてはよく木工細工の減らすやコケシといった地方の土産品を見かけましたが、マイホームにこれほど嬉しそうに乗っている任意整理は珍しいかもしれません。いつからでいう「お醤油」にはどうやら医療ローンの甘みがギッシリ詰まったもののようです。

借金の金額が多すぎて返済が厳しい…。
借金が複数で首が回らないので、債務整理で解決したい…。
もしそう思っているなら、すぐに司法書士・弁護士に相談しましょう。
弁護士・司法書士が探してくれる解決策で、督促が止まったり、毎月の返済が減額したり、などいろんな恩恵を受けられる可能性があります。
今ではインターネットで無料相談できる法務事務所や法律事務所も数多くあります。
ここでは、その中で大田区にも対応している、オススメの法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
また、大田区の地元の法務事務所や法律事務所もいくつかピックアップしているので、そちらも参考にしてみてください。
借金問題は、1人ではなかなか解決できません。
弁護士・司法書士の知恵を借りて、最善の解決策を探しましょう!

大田区に住んでいる人が債務整理・借金の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

任意売却にしてみたら、こちらが思っていることなんか想像もつきませんから、個人再生しかないのももっともです。官報に例えるなら通学路に突然、スズメバチの巣ができるようなものでしょうか。

大田区の借金返済や債務解決の相談なら、こちらがおススメ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している法律事務所。
初期費用が0円なので、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払は、分割払いもOK。
弁護士への相談料はもちろん0円!
借金の督促をストップすることも可能です。
自己破産、過払い金、個人再生、任意整理、など、借金の問題について無料相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(通話料0円)で相談受付できるので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、借金や過払いの問題を相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に適した方法で、どうしようもないほどの借金問題を解決していきます。
また、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻した過払い金から料金を支払えます。
任意整理についても、減額報酬や和解成功報酬などは一切支払わなくてよいため、おトクに解決できます。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性でも安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国対応の司法書士事務所なので大田区の方も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
家族や職場に悟られないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



大田区周辺の他の司法書士や弁護士の事務所を紹介

他にも大田区には法律事務所や法務事務所があります。これらも参考にしてください。


●稲田司法書士・行政書士事務所
東京都大田区蒲田5丁目36-2相互蒲田ビル10F
03-3739-3571
http://inada-jimusyo.jp

●松波・木戸司法書士事務所
東京都大田区大森北4丁目8-1ユアサ大森ビル1F
03-3763-5562
http://kido-soudan.com

●ひなみ法務司法書士事務所
東京都大田区南蒲田2丁目11-18
03-6424-8639
http://hinami-low.com

●加藤孝夫司法書士事務所
東京都大田区蒲田5丁目45-5
03-3735-6230
http://shoshi-kato.com

●高橋雄一郎法律事務所
東京都大田区蒲田5丁目24-2損保ジャパン蒲田ビル
03-5711-8155
http://tylaw.jp

●司法書士辻井宏事務所
東京都大田区西蒲田7丁目4-3カーサ蒲田ソシアルプラザ6F
03-5480-0240
http://office-tsujii.jp

●菱田司法書士事務所
東京都大田区大森北1丁目15-14
03-3761-6217
http://hishida-jimusho.net

●司法書士黒川雅揮事務所
東京都大田区蒲田五丁目45番5号ドミール蒲田1205号
03-5714-0018
http://k-legal.jp

●司法書士関英夫事務所
東京都大田区蒲田五丁目48番4号ファーネスビル旧館2階
03-6424-9177
http://seki-shihoushoshi.com

●東京南部法律事務所
東京都大田区蒲田5丁目15-8蒲田月村ビル4F
03-3736-1141
http://nanbu-law.gr.jp

●石垣松井合同事務所
東京都大田区大森北4丁目12-23
03-3761-5181
http://matsui55-lawoffice.com

●長島法律事務所
東京都大田区大森北1丁目9-3シルク大森ビル
03-3761-3329
http://lawyer-m-n.com

●司法書士笹林洋平事務所
東京都大田区蒲田4丁目47-5
03-5713-1226
http://saimuo.herasou.com

大田区にある地元の法務事務所・法律事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談などの方が、気負わずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

多重債務、大田区に住んでいて問題が膨らんだのはなぜ

クレジットカードのリボ払いやキャッシング会社等は、尋常ではなく高い金利がつきます。
15%〜20%もの金利を払わなければなりません。
住宅ローンの金利は年間0.6%〜4%くらい、車のローンでも1.2%〜5%(年)くらいですので、ものすごい差があります。
しかも、「出資法」をもとに金利を設定している金融業者の場合、利子がなんと0.29などの高利な利子をとっていることもあるのです。
ものすごく高利な利子を払い、そして借金はどんどん増えていく。
お金を借りたのは自己責任なので仕方ないのですが、金額が大きくて利子も高いという状態では、完済は難しいでしょう。
どのようにして返すべきか、もうなんにも思いつかないなら、法務事務所や法律事務所に相談すべきです。
司法書士・弁護士ならば、借金返済の解決策を捻り出してくれるでしょう。
長期計画での返済になるかもしれないですし、過払い金の返還で返済額が減額するかもしれません。
まずは相談、これが解決するための始めの一歩です。

大田区/債務整理のデメリットとは|債務整理

債務整理にも多様な手口があって、任意でクレジット会社と交渉をする任意整理と、裁判所を介す法的整理の自己破産又は個人再生という類があります。
じゃこれ等の手続について債務整理のデメリットというようなものがあるでしょうか。
この3つのやり方に同じようにいえる債務整理の不利な点と言うのは、信用情報にそれらの手続を進めた事実が掲載されることですね。いうなればブラック・リストというような状態になります。
としたら、概ね五年〜七年の期間、カードが創れなくなったり又は借金ができない状態になったりします。しかしながら、貴方は返済額に悩み苦しんでこれ等の手続きを行うわけですので、もうしばらくは借入れしない方が良いのじゃないでしょうか。じゃローンカード依存にはまり込んでいる方は、逆に言えば借入が出来ない状態なる事によりできなくなることで助かるのではないかと思います。
次に個人再生又は自己破産の債務整理の欠点ですが、官報にこの手続を行った事実が掲載されるという点が上げられるでしょう。とはいえ、あなたは官報等視たことが有りますか。むしろ、「官報とは何?」という人のほうが殆どではないでしょうか。
実は、官報は国が作るする新聞みたいなですけれども、やみ金業者等々のごく一部の方しか見てません。ですので、「自己破産の実情が周りの人に広まった」等という心配事はまず絶対にないでしょう。
終わりに、破産特有の債務整理のデメリットですが、1回破産すると7年間、再度破産できません。これは十分配慮して、2度と破産しなくても済む様にしましょう。

大田区|自己破産にはどんなリスクがあるの?/債務整理

はっきし言って世間で言われる程自己破産のリスクは多くないのです。高価な車・マイホーム・土地など高価値な物件は処分されるのですが、生きていくなかで必ず要る物は処分されないのです。
又20万円以下の預貯金は持っていてもよいのです。それと当面の間の数か月分の生活費用100万円未満ならば持って行かれる事はないでしょう。
官報に破産者の名簿として記載されますがこれもごく一定の人しか目にしないでしょう。
またいうなればブラック・リストに記載されて七年間程度はキャッシング若しくはローンが使用出来ない状態になるが、これはいたし方ない事です。
あと定められた職種に就けないことが有るのです。ですがこれも極特定の限られた範囲の職種です。
したがいまして債務超過で返金する事の不可能な借金を抱え込んでるのなら自己破産を実行すると言うのも1つの手口なのです。自己破産を実施したら今日までの借金が全く帳消しになり、新しく人生を始められると言う事でメリットの方が多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限とし公認会計士や弁護士や税理士や司法書士などの資格は停止されるのです。私法上の資格制限とし後見人・保証人・遺言執行者にもなれないでしょう。また会社の取締役などにもなれません。しかしこれらのリスクはほぼ関係ないときが多いのじゃないでしょうか。リスクはあんまり大きな物では無いはずです。

関連ページ